学生相談

学生相談室について

金沢大学には、保健管理センター学生相談室があります。学生相談室では,学生生活を送る上の様々な悩みや問題について,公認心理師に相談することができます。 これまで,以下のような相談がありました。

1.学業 (単位を取りたいが,授業内容についていけず困っている)
2.将来や進路 (進学するか,就職するか迷っており,一人ではうまく整理できない)
3.性格 (自信をつけて,うまく人とコミュニケーションをとれるようになりたい)
4.対人関係 (友人や恋人とのトラブルが多いため,うまく付き合える方法を知りたい)
5.学生生活全般 (昼夜逆転の生活になっているため,生活のリズムを整えたい)
6.身体的なこと (食欲もなく,よく眠れないため,授業やサークル活動に集中できない)
7.精神的なこと (意欲がわかない / いつも不安でしょうがない / 人の視線が怖い)

「自分のことは自分で解決しなくてはいけない」,「相談室に行くのは病気の人だけだろうし,自分は相談するほどではない」,「相談室に行くのは敷居が高い」と考えて,学生相談室に行くことをためらうかもしれません。しかし、学生生活を有意義に過ごしたいと考る人たち、さらに自分の未来を開きたいと思う人たちも利用しています。「こんなことを相談していいのだろうか」,「うまく話せるかどうか分からない」と心配せずに申し込んでください。学生相談から、何かが見えてくることがあります。相談内容やプライバシーにかかわる内容が、他人に知られることはありません。必要に応じて医師とも連携しながら、保健師も含めてONE TEAMとなって、皆さんをサポートしています。

相談の方針について

日本語でコミュニケーションが出来る学生は、公認心理師が対応します。日本語が話せない場合は、SGUカウンセラーが英語で話を聞いて、公認心理師や医師と連携して対応します。

相談の申込み方法について

申込の流れはコチラをご確認ください。

 

公認心理師とは?

心の問題に対して、他の職種とも連携しながら心理的支援を行う国家資格の保持者です。

 

保護者の方、指導教員等の教職員の方へ

保健管理センターでは、本学学生の学業や生活に関することについて、本人でなくても助言等をしています。ご相談がある場合は、メールもしくは電話でお問い合わせください。学外の方の匿名での相談には応じられませんのでご理解をお願いいたします。